2011/11/05

ミノルタ minolta SR-T101 初期型

1966年(昭和41年)発売。
大卒初任給が約24,000円の時代に55,300円で売り出された一眼レフカメラ。

当時はなんという高価っぷりだったんでしょうね。
遺品としてもらった物ですが、いまは部屋のオブジェとして飾ってます。

ミノルタの旧ロゴ。
動くように修理できればよいのですが、
そんな技術もないわけで・・・。
シャッターダイヤルが黒い初期型です。
後期型はここが銀色に。
モルトが劣化して、黒い飛沫がパラパラと。
背面にはフィルムインジケーター。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...